世界は<<たのしい!>>で、できている。

32才女のなんでもありな毎日の記録。

好き避けの処方箋

f:id:nicotto66:20171204224126j:plain

以前から気になってた同じ職場の人。
実は秋頃から私の好き避けがひどくなってしまって、もうなんか苦しくてむしろ彼と被らない日はほっとするくらいだった。

自分じゃコントロールできなくて、
職場だから自然にしなきゃ、何でもない風にしなきゃって、思うんだけどできなくて。
目も見れなくなって、うつ向いて声も全然出なくて上ずってしまって。

それが、最近、コロッと大丈夫になりました!!
ネットで色々好き避けについて調べて対処法読んで頭ではわかっててもダメだったけど
自分で、納得できたら急に平気になった。


どう変わったかというと、

ドキドキドキドキ・・・ → ちょこっとドキドキ
胸が苦しい     → 心に余裕ができて、楽しめる
うつ向いて顔を見れない → 目を見れる、笑える。はじめてちゃんと顔を正面から見れた(前はちゃんと顔をみれなかったから、顔がぼやっとしたイメージだった。笑)
声がか細く絞り出さないと出ない → 普通にしゃべれる
彼がとても好き、手に入れたい、彼の気持ちが気になってしょうがない → 仲良くなれたらいいなぁ~ もし付き合えたら嬉しいけど、友達でもそれはそれでいいかな


この最後のがポイントで、
一度諦めたから、執着が消えたから大丈夫になったんだよね。
好きじゃなくなったから、緊張しなくなった。それは当たり前なんだけど。

上手く説明できない。。

きっかけは自分との会話。
私は彼との関係が進展しないことで、いつそ諦めたい、白黒つけて楽になりたかった。
でも彼は私の好きなタイプで、イヴァルナさんの鑑定結果にも当てはまるところがあるし、周囲に他に好きになれそうな人も全くいなくて、彼しかなかった。
だから悶々としてた。


そんなとき、ぼーっとしてたら声がした。
「彼は運命の人じゃない」と。
多分、自分の無意識の領域からでた言葉だと思う。
私は、時々自分と対話したり、ヒプノセラピー的なことをしたりする。

「彼は運命の人じゃない」。
それを聞いたとき、一瞬聞こえなかったふりをした。
聞きたい答えじゃなかったから。
だけど、はっきり聞こえたし、私はそういう無意識の声とか直感みたいなのは信じてるので、
受け入れることにした。
もちろんがっかりした。

けど、「運命の人ではない」「夢見ていたソウルメイトではない」と思ったら、彼に対して他の人と同じように、普通のテンションになれた。
そっか~残念だけど、でも理想の関係にはなれなくても、普通に仲良くなれる可能性はあるってことだよねって思えた。
もし、仲良くなれて付き合えたとして、ドキドキするようなドラマチックな関係にはなれなくても、いいとこも悪いとこもありつつ友達みたいな対等なカップルにはなれるかもだし。

そう思えたら大丈夫になった。
そして今になってやっと冷静に彼が見れるようになった。彼が大好き!ってなるのは、もっと彼を知って、私も知ってもらって、それからの判断の後。
それが今のスタンス。


以上。同じように好き避けで悩む人になにか伝えたくなって、書いてみたよ😃